ARビジネス BtoB活用事例6選

2021.06.28
ARビジネス BtoB活用事例6選

AR(拡張現実)の業務利用は各産業で想像以上に進んでいます。

2021年現在、ARは先行した建築や物流分野以外でも同様の流れは進んでおり、ハンズフリーが実現するARグラス(メガネ型デバイスで空間情報を視界の中に表示できる)の低価格化の流れもあって、企業への導入も順調です。またARは、人材不足などの社会問題解決や、様々な業界でユーザーと双方向のコミュニケーションができるインタラクティブな体験に大きく貢献しています。本記事では、BtoB企業のAR活用事例をご紹介します。クライアントへAR提案を考えている方には必見の内容です。

1.ARで効率的な営業を実現。AR製品カタログ

ARビジネス_BtoB_AR製品カタログ

取り扱う商材のサイズが大きく、実物を商談に持っていくことが難しい場合にこの活用方法が、非常に有効です。製品カタログにARマーカーを設置し、商材の詳細をAR動画にしたところ、営業マンから好評を博した事例があります。ARはマーカーをスキャンすれば、すぐに動画が再生されるのでスマートな商談が可能です。3Dモデルも制作できるため、360°好きな角度から眺められたり、スマホ上で商材の試し置きができたりと、ARの活用によって商材の魅力を最大限に引き出せます。

2.自社パンフレットにAR

ARビジネス_BtoB_AR自社パンフレット

冊子内の指定の画像にARアプリをかざすと、誌面と連動した映像が始まり、サービスの紹介動画を見ることが可能です。パンフレットには数十個のマーカーが埋め込まれ、それぞれのソリューションの事例動画や説明動画が再生されます。従来の営業では営業マンが持参したパソコンでの動画を使用していましたが、動画を見せてもその場限りでしか見てもらうことができないため、AR技術を採用した事例があります。AR動画は何度も見返せるため、興味を持った顧客に対し効果的な営業が行えます。コンテンツの変更や更新も簡単なので、自由度の高い編集も特徴のひとつです。印刷物に新しい付加価値をつけることができます。

3.メーカー向けに製品の設置イメージをARで確認

ARビジネス_BtoB_AR設置イメージ

あらゆる製品を現実の世界に映し出すWebARサービスの事例です。専用のQRコードを読み込むと、設置したい場所に製品を出現させることができます。実物がなくても製品を360°、内面・外面を可視化できるため、イメージ違いによる返品やクレームを減少することが見込めます。製品の実物大サイズの再現率は99.9%を誇り、色の映り込みまで再現できるとのこと。現地の計測が不要になるので、営業時間の削減や業務の問い合わせ軽減、経費の削減なども見込めます。

参照:https://makerpark.jp/

4.ARを活用し、展示会出展コストを大幅に削減

ARビジネス_展示会_AR活用

ARアプリを使用した場合、アプリダウンロードに至らずAR動画のアクセス数が伸び悩む問題がありました。そこでアプリ不要でAR体験が行えるWebARを導入、活用することにより、展示会やクライアント先でも多くの方に気軽にARを体験してもらえるだけでなく、映像によるインパクトを与えられるので好評を博した事例もあります。また、いままでの展示会では実機展示を行っていたため、会場への運搬に時間と費用が非常にかかってしまうことが課題の1つでした。しかし、実機展示の代わりにARを活用することで運搬時間と費用を大幅に削減。コスト面を大幅に削減した事例になります。

5.AR名刺で名刺交換をビジネスチャンスに

ARビジネス_AR名刺_名刺交換

ビジネスパーソンを対象にしたAR名刺サービスを提供している事例です。専用アプリをインストールしたスマホをAR名刺にかざすと、画像やムービーが再生。自社サイトやYouTubeなどのリンクも設定できるので、名刺を交換した相手に商材・サービスなどをプレゼンし、その場で契約や購入につなげることも可能です。ARコンテンツはWebから簡単に編集・更新が行えます。いま持っている名刺をAR化するため、新たに名刺を作ったり、QRコードや特別なマーカーを制作する必要もありません。AR名刺の導入により「第一印象がアップした」「雑談が広がり、案内したい商品やサービスを告知できた」など、従来の名刺交換よりも反応が良かったとのこと。このようにARを活用することによって、説明だけでは伝わりにくい職種の方でも、動画や音声を通してわかりやすく伝えられます。また名刺のインパクトが強く会話のきっかけとなるため、商談化率の向上も見込めます。

参照:https://www.araddin.jp/

6.展示会でAR活用。注意関心を引き、イメージもつきやすく

ARビジネス_展示会AR活用

展示会でARを活用した事例です。丈夫で柔軟なワイヤーを使用して、景観を損ねない転落防止柵を施工したり、ワイヤーを利用した壁面緑化を提案している企業様ですが、ワイヤーそのものは展示できても、実際の施工現場を見てもらうことはできませんでした。そこで、ARを用い、実際の施工現場にいるような360°のパノラマビューや時間経過とともにワイヤーで緑化が進んでいく様子を紹介しました。ARを活用したことで、より分かりやすく、実際の施工現場をイメージしてもらいやすくなっただけでなく、展示ブース前のお客様を引き込む施策にもなりました。

まとめ

ARビジネス_BtoB_まとめ

ここまで、BtoB企業のAR活用事例についてご紹介してきました。世界のARおよびVR市場は、2027年までに2468.5億ドルに達し、コロナウイルスのパンデミックの影響を考慮すると、2020年から2027年にかけて毎年37.1%成長し、その中でもARはVRよりも大きな市場シェアを占め、予測年数にわたって毎年42.4%で成長すると言われており非常に将来性の高い分野です。弊社でもAR開発に関する無料相談を請けておりますので、お気軽にご相談下さい。

CANVAS MAIL
SERVICE
弊社の営業資料や企画書、
販促チラシ、実績資料、
動画データ等を
ダウンロードできるサービスです。
東京オフィス
〒107-0052 東京都港区赤坂9-5-26
AKASAKA HEIGHTS 301
名古屋オフィス
〒464-0037 名古屋市千種区楠元町2-60-2
LOFT 3B
大阪オフィス
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-5-13
桜橋第1ビル304
金沢オフィス
〒920-0024 金沢市西念4-24-30
MGビル302
富山ヘッドオフィス
〒939-8204 富山県富山市根塚町1-1-4
ASNビル2F
ベトナムオフィス
Unit 1008, 10 Floor, Dreamplex Building, 195 Dien Bien Phu, 15 Ward, Binh Thanh District, Ho Chi Minh City, VIETNAM