【徹底解説】 ニアショア開発・オフショア開発とは?

2021.06.04
【徹底解説】 ニアショア開発・オフショア開発とは?

ニアショアとは?

ニアショアとは

ニアショアとは、ニア=近い、ショア=岸、つまり国内の地方などに、比較的近い距離の場所にある企業に外注することをいい、海外にある企業などへ外注するオフショア開発が、オフ=離れる、ショア=岸、ベトナムなどの海外に開発を頼むことをいいます。

ニアショアの対象になるのは国内の地方都市で沖縄や福岡の九州地方、青森や北海道などの東北地方などです。ニアショアでは、首都圏の企業と比較して安価で外注することができるだけではなく、オフショアのように言葉の壁といったデメリットがないのもポイントです。

ニアショア・オフショア開発を上手に活用することで、コストを削減し自社での開発が難しい場合にも、複数のプロジェクトを円滑に進めることが可能になります。

エンジニア常駐への安心感が大きく変化

2021_エンジニア常駐への安心感が大きく変化

2021年システム開発エンジニアが常駐だという認識は、テレワーク活⽤により大きく変化しました。

コロナ前には近くにいる方が安心と、多数の外注常駐エンジニアSES(システムエンジニアリングサービス)を抱えていた企業も、緊急事態宣言を受けて在宅テレワークに移行。そういった状況でも開発業務が回ることが確認できたのが2020年。今年2021年は新規外注パートナーを地⽅まで広げて活⽤しようという動きが出てきました。

常駐しないので⾸都圏の会社の必要性ないという事、レベルの⾼いエンジニアを割安に活⽤できる事から、地⽅システム会社の社内チームとのテレワークでのニアショア開発利用が拡大し始めています。

ニアショア開発のメリット

ニアショア開発のメリットとしては、「コスト削減」です。東京で開発を頼むよりも首都圏から少し離れた企業に外注すると、驚くほど値段が安く済むこともあります。オフショアとは違い、エンジニアはほとんど場合、日本にいる日本人なのでコミュニケーションコストや開発環境の大きな違いがないので、品質を保ちながら多数のプロジェクトを同時進行できることが非常に大きなメリットと言えます。

国内ということもあり、時差なく開発やコミュニケーションが行えることも大きなメリットです。また、ニアショアでは、首都圏で不足しているエンジニアを地方で募集することができ、エンジニアや地方にいる希少な人材を採用しやすくなるのもメリットのひとつです。

日本は地震が多い為、リスク回避の一環としてニアショアや地方の支社を活用している企業も多くあります。

ニアショア開発のデメリット

ニアショア開発は、オフショア開発ほどコストメリットがないという点が挙げられます。ベトナムに代表されるオフショア開発は、非常に優秀な人材も日本よりコスト安く雇うことができます。
それに対し、日本では優秀な人材はやはり東京にいることが多く、また地方にいたとしても東京と同じくらい高いので、特にコストが削減できるわけでは無いという結果になることもあります。

具体的に首都圏とニアショアどのくらい違うか

首都圏東京都と地方の賃金を比べてみます。厚生労働省によると、現在の最低賃金は以下のようになっています。

東京最低賃金時間額:1,013円・沖縄最低賃金時間額:792円

ここに例に挙げた最低賃金の違いだけでも、1ヶ月(22日)、最低賃金でフルタイムで働く場合は東京が178,288円、沖縄139,392円で、東京と地方では約4万円ほどの差が出ます。オフショア開発のように物価が東京の3分の1とはいかないですが、それでも首都圏よりコストメリットがあるのではないでしょうか。

ニアショアとオフショアどちらがいい?

ニアショア_オフショア_どちら

ニアショアとオフショアの大きな違いは、「国内と海外」という外注先の違いです。

言語や文化の異なる外注先と円滑なコミュニケーションをとるためには、単に仕事のスキルだけではなくコミュニケーションスキルや言語能力、そして異文化理解など多種の勉強や知識が必要となります。

しかし、オフショア開発先に経験豊富なPMやエンジニアが揃っていて、お互いに期待値のすり合わせができればそこまで心配する必要はありません。

またオフショア開発では、どの国で開発を行うかが非常に重要なポイントです。かつての新興国が発展して、コスト削減のメリットがそこまで高くない国も増えてきています。

その点ニアショアでは、国内なのでコスト面に関する情報収集も海外と比べて容易です。開発委託先のエンジニアの方である程度は顧客の要望汲み取ったり、開発や製品のセオリーを適用して実装をしてくれることが期待できます。

もし勤務時間を合わせて時差なく開発を行う必要があったり、定期的に会わないといけないという場合は、時差もなく距離も近いニアショア開発の方が安心です。

時差があっても問題なく、リモートでもうまくマネジメントできる時はオフショア開発の方が圧倒的にコストのメリットもでるのでオススメです。

このように、ニアショアとオフショアには、多くの違いがあります。人事担当者は、うわべだけのコストにとらわれずに、工数やトータルコストなども考慮し、適した人材を配置できるように多角的な面から検討をすることをお勧めします。

まとめ

まとめ

ニアショア開発もオフショア開発もそれぞれメリット、デメリットがあるため、作りたいものや予算に合わせてしっかり検討することが大切です。
予算も人材も完璧な委託先を見つけることは難しいです。

弊社ではオフショア開発(ベトナム)、ニアショア開発(富山県)、首都圏での常駐(東京都)も含め、優秀なエンジニアを活用したソフトウェア開発・サービス開発/保守運営が可能です。検討している方は、ぜひ弊社へご相談ください。

CANVAS MAIL
SERVICE
弊社の営業資料や企画書、
販促チラシ、実績資料、
動画データ等を
ダウンロードできるサービスです。
東京オフィス
〒107-0052 東京都港区赤坂9-5-26
AKASAKA HEIGHTS 301
名古屋オフィス
〒464-0037 名古屋市千種区楠元町2-60-2
LOFT 3B
大阪オフィス
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-5-13
桜橋第1ビル304
金沢オフィス
〒920-0024 金沢市西念4-24-30
MGビル302
富山ヘッドオフィス
〒939-8204 富山県富山市根塚町1-1-4
ASNビル2F
ベトナムオフィス
Unit 1008, 10 Floor, Dreamplex Building, 195 Dien Bien Phu, 15 Ward, Binh Thanh District, Ho Chi Minh City, VIETNAM