【イベントDX】デジタルでイベント変革

2021.04.01
【イベントDX】デジタルでイベント変革

はじめに

withコロナを求められる中で急激に変化するイベント

withコロナを求められる中で急激に変化するイベント

2度目の緊急事態宣言も解除され、いよいよイベント再開の兆しが見えてきました。

しかし、新型コロナウイルス感染の脅威がなくなったわけではありません。イベント業界は「withコロナ」という新しい概念のなかで、新生活様式に則した日常に適応していく必要がでてきました。

今回は、イベント業界に求められる変化をデジタル化で解決できないか、その方法について提案させていただきます。

イベントDXとは?

イベントDXとは

ここでいうイベントDXとは、イベント業界の激しい変化に対応し、デジタル技術を活用してイベント内容やその運営方法とともに、業務、プロセスを変革し、競争上の優位性を確立することです。

言い換えると、イベントDXは「デジタルとリアルをハイブリッドしたイベント」を意味します。その目的は「イベント業界での競争優位性を確立すること」です。

イベントDXを導入するメリット

イベントDXを導入するメリット

イベントDXを導入した場合、どのようなことが起きるでしょうか。まずは、そのメリットについて考えていきます。

■接触リスクの軽減

感染症を防止するうえで重要なのは「3密」を避けることにあります。イベントのデジタル化は「密閉・密集・密接」になる条件を排除し、安全で安心できる環境でのイベントを実現します。

・来場のお客様のリスク軽減

デジタル化によって、来場者間の接触機会を減らしたり、展示物などに直接触れなくても楽しめるコンテンツを提案したりすることができます。

・運営スタッフのリスク軽減

スタッフが大勢の来場者と直接接触しなくても運営できる方法を提案できます。

■情報収集の効率化

来場者アンケートなどの情報をデータで収集できるため、集計や分析などが効率的に行えるようになります。

■限られた場所での開催を可能に

映像などで楽しめるコンテンツにすることで、広いスペースを使わずともさまざまな体験ができる空間をつくることが可能です。

イベントDXを導入する方法

イベントDXを導入する方法

つぎに、具体的なイベントDXの取り入れ方についてですが、ここでは、博物館や美術館などの公共施設、遊園地やショッピングセンターなどの商業施設で実施される集客や販促イベントのDX化についてお話ししていきます。

話題は大きく分けて、(1)コンテンツ自体のデジタル化、(2)オフラインイベントの部分的なデジタル化、の2種類について触れていきます。

1 コンテンツ自体のデジタル化

イベント内容自体をデジタルコンテンツにシフト

インタラクティブコミュニケーションを取り入れた遊びやゲーム、映像空間で楽しめるコンテンツを使ったイベントを開催する方法です。具体例を弊社サービスで紹介いたします。

・デジタルでさまざまなスポーツ競技を体験
デジスポとは
デジスポ

いろいろなスポーツをデジタルで体験できるイベント向けコンテンツです。フリフリコントローラーを使った直感的な操作で、子供から大人まで、誰でも簡単に体を動かして楽しむことができます。体を動かす楽しさと、デジタルならではの演出で、スポーツをより楽しめます。

・デジタルでお絵かきを楽しく
フライングペイント
フライングペイント

描いたぬりえに命が吹き込まれたようになります。おもちゃや昆虫など、好きなぬりえを選んで自由に色塗りを楽しんだら、そのぬりえが空間に飛び出して動き出します。

・デジタルで抽選イベントを盛り上げる
フォトフォト
フォトフォト

記念写真を投稿するとデジタルクーポンがもらえます。クーポン内容はもちろん、当選率も調整可能です。カスタマイズしだいで写真投稿ではなく、コイントスや豆まきなど、イベントに合わせた内容に遊び方を変えられます。操作に必要なのは本人のスマホだけなので、接触リスクを極限まで減らすことができます。

そのほか、弊社ではアプリやシステムの開発から自社で一貫して行うことができますので、新しいイベントコンテンツの開発についても承ることができます。ぜひご相談ください。

2 オフラインイベントを部分的にデジタル化

運営サポートなどをデジタル化

イベント内容がオフライン対応のリアルイベントの場合、運営面でDXを取り入れることにより、感染リスクの軽減とさらには業務効率化も可能にします。

・入場チケットをデジタルで

電子チケットの発行により、販売時だけでなく入場時の接触機会も減らすことができます。

・来場者の本人確認をデジタルで

事前に来場者に顔認証登録をしてもらうことにより、入場時の本人確認をカメラで行うことができます。また、サーモ機能付きカメラを使用すれば、検温まで合わせて行うことも可能です。

・来場者アンケートをデジタル収集

チケットに紐づけられた来場者の連絡先メールアドレスにアンケートを送ることで、アンケートをデジタル収集することができます。デジタルなので、データ集計から分析までを効率的に行うことが可能です。

まとめ

まとめ

イベント業界でもデジタルシフトは火急の課題です。一度進んだ進化は退化することはありません。他社に負けないイベントを作るには、DXに対応して生き残っていく必要があります。

私たちはイベント業界のDXを解決するお手伝いが可能です。提供コンテンツについて、より詳しく知りたい方は、下記より資料をダウンロードしてみてください。

CANVAS MAIL
SERVICE
弊社の営業資料や企画書、
販促チラシ、実績資料、
動画データ等を
ダウンロードできるサービスです。
東京オフィス
〒107-0052 東京都港区赤坂9-5-26
AKASAKA HEIGHTS 301
名古屋オフィス
〒464-0037 名古屋市千種区楠元町2-60-2
LOFT 3B
大阪オフィス
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-5-13
桜橋第1ビル304
金沢オフィス
〒920-0024 金沢市西念4-24-30
MGビル302
富山ヘッドオフィス
〒939-8204 富山県富山市根塚町1-1-4
ASNビル2F
ベトナムオフィス
Unit 1008, 10 Floor, Dreamplex Building, 195 Dien Bien Phu, 15 Ward, Binh Thanh District, Ho Chi Minh City, VIETNAM